お金を借りる

お金を借りなければならなくなったという時、どこで借りるかまたは貸してもらえるかが気になるところです。お金をどこで用意するか、親や友人知人から借りるとか、銀行で借りる、公的機関で借りるなど方法は様々です。

 

少しのお金なら身内や友人から貸してもらうことも可能ですが、マイホームなど大きなお金を借りる時は銀行の金融商品が一般的です。給料日までの一時的な借入はキャッシングが便利です。

 

キャッシングの申込条件

キャッシングの利用者は現在1,400万人とも言われ多くの人が利用しています。

 

キャッシングのメリットは、人に頭を下げて保証人になってもらう必要もないので、人に迷惑を掛けることもなく、申込者の信用だけでお金が借りられます。

 

申込もすごく簡単で、申込時に必要になる書類は本人確認書類の運転免許証や健康保険証、パスポートなどが手元にあれば、簡単に申込ができます。

 

申込条件も特別なものではなく「安定した収入があり、満年齢20歳以上60歳〜69歳までの方」なら申込は可能ですし、職業形態も正社員でなくても、パートやアルバイト、派遣社員といった方でも安心して申込ができます。

 

また、急いでお金を用意しなければならない時は、決められた時間内に契約が終われば、その日の内にお金を振り込んでもらう事や、カードを発行してもらって提携ATMからお金を引き出すという事も可能です。

 

公的機関の融資制度

公的機関の融資制度があることを知っている方は少ないと思いますが、会社のリストラなどで失業し、これまでと同じような日常生活が送れないという方を対象にした「総合支援資金貸付制度」が利用できます。

 

また、「年金担保貸付制度」という年金だけで生活をしている方がお金を借りたい時に、年金を担保にして借りる制度があります。この制度は「日本政策金融公庫」もしくは「独立行政法人福祉医療機構」だけが取り扱っていますので、それ以外の金融機関では借りられません。

 

キャッシングは自分の信用だけでお金が借りられる

銀行や公的機関へ申込をするためには、多くの書類を用意し、場合によっては担保や保証人が必要になります。融資を申込んでも審査が厳しく時間もかかり、すぐに必要という場合は間に合いません。その上、銀行の金融商品を利用しようとすれば、様々な諸費用が必要で、その額も借入希望額の数十%もの余分な費用が必要になります。

 

融資はどれくらいまで可能?

「キャッシングを申込こんでも、いくらまで貸してもらえるのか」というのが気になりますが、借りられる限度額は審査によって決まります。

 

また、キャッシングは、一度契約をしてしまえば限度額の範囲内なら、いつでも何度でも借入ができるというメリットもあります。ただ、申込んだからといって必ず借りられるものでもありません。基本的に消費者金融の総量規制で貸付限度額は、年収の3分の1以内と決まっているので、年収の3分の1を越えた融資は受けられません。

 

一方、銀行カードローンは総量規制の対象外になり、年収制限による制限は受けませんので、審査さえ通れば年収に関係なく融資が受けられます。

 

信販会社のカードローンも選択肢のひとつ

キャッシングは消費者金融か、銀行カードローンだけと思っている方も多いと思いますが、最近は信販会社のカードローンも魅力ある商品となっています。

 

クレジットカードはキャッシングとクレジットの両方で利用できる便利なカードですが、それ以外にもカードローンを扱っており、なかには銀行カードローンと匹敵するもしくはそれ以下の金利で利用できるカードローンもあります。

 

たとえば、三井住友カードゴールドローンは金利が4,5%〜9,8%、融資限度額は最大で500万円、オリックスVIPローンカードは金利3,0%〜16,8%、融資限度額は最大で800万円など、金利面では銀行カードローンと変わらないカードローンもあるので、キャッシングの選択肢がますます広まったと言えます。

 

業者の選択は慎重に

キャッシングは消費者金融や信販会社、銀行などで申込ができますが、お金を借りる目的を決めると目的のキャッシング会社が探しやすくなります。

 

たとえば、今日明日中にお金を用意しなければならないといった場合は、即日融資が可能な消費者金融系がおススメで、大手消費者金融ならすべてが即日融資で借りられる方法が用意されています。

 

また、できるだけ金利を少なく借りたいという思いは誰でもありますが、そんな場合は銀行カードローンがおススメです。

 

銀行カードローンは大手銀行や都市銀行、信用金庫など多くの銀行から選べるので、今すぐに必要ではないけれど、高額融資を計画している時や、いずれ借りる事になるという場合は、時間をかけて金利の低いカードローンを捜す事をおおススメします。

 

キャッシングはうまく使えば最強のツール

 

キャッシングは申込さえすれば簡単に借りられます。
簡単に借りられるからこそ、注意しなければならないのは、収入と支出のバランスを取る事が最も重要になります。

 

自分の収入がいくらで、現在毎月どれくらいの返済があるのかを正確に把握して、なおかつキャッシングの返済を上乗せしても、返済が続けられるかを検討することが最も重要です。

 

そのためにも「返済シミュレーション」などをおおいに利用して、どれくらいまでなら無理なく返済が続けられるかという限界を何度でも試算してみましょう。そうすれば、キャッシングは日常生活において力強い味方となってくれるでしょう。