お金を借りる

目的に合わせて借入先を決める

お金を借りなければならなくなった時は、銀行の金融商品を申込むのが一般的ですが、手軽に借りる方法としてキャッシングがあります。

 

キャッシングの申込はインターネットから簡単に申込が出来るので、どこでお金を借りるか決めていない方は、キャッシングを考えてみるのも一つの方法です。

 

キャッシングは誰かに頼る事がない

銀行や公的機関で一般ローンを契約する時は、多くの書類を用意し、担保や保証人も用意しなければなりません。融資を申込んでも審査に時間がかかり、すぐに必要な場合は間に合いません。

 

キャッシングが手軽に申込めるのは、申込者の信用度だけで申込ができるからです。
申込時に用意する書類は、基本的には運転免許証や健康保険証、パスポートなどが手元にあれば、それだけで申込めます。

 

申込条件は、安定した収入があり、満年齢20歳以上60歳〜69歳までの方であれば、正社員でなくても、パートやアルバイトで収入を得ていれば申込ができます。

 

申込先の選択は慎重に

キャッシングは消費者金融や信販会社、銀行などで申込ができますが、目的によって申込先が変わってきます。たとえば、すぐにでもお金を用意しなければならない時は、即日融資が可能な大手消費者金融がおススメで、即日融資が出来るように様々な方法が用意されています。

 

また、できるだけ金利を少なく借りたいという場合は、銀行カードローンがおススメです。
大手銀行や都市銀行、信用金庫など多くの銀行から選べるので、今すぐに必要ではないけれど、いずれ借りる事になるという場合は、時間をかけて金利の低いところを捜す事がポイントです。

 

使い方次第で便利なツール

キャッシングは申込さえすれば簡単に借りられますが、注意しなければならないのは、収入と支出のバランスを考えることが最も重要になります。

 

キャッシングを便利なツールとして使うには、自分の収入がいくらで、毎月どれくらいの返済があるのかを把握し、キャッシングの返済を上乗せしても返済が続けられるかを検討することが重要になります。

 

そのためにも、「返済シミュレーション」を大いに利用して、無理のない返済が続けられるような計画を立てて利用すれば、キャッシングは便利なツールになってくれるはずです。