お金を借りる

お金の借り方について

キャッシングは,簡単に申込ができ、うまく利用すれば便利なツールです。
ただ、便利と言うメリットが、使い方によってはデメリットにもなり、大きく間違うと日常生活に破たんをきたす場合があるので注意が必要です。

 

そうならない為には、忘れてはならない事や、やってはいけない事があるので、それらをよく理解しておきましょう。

 

安易な考えで借りてはいけない。

お金がないから借りる事を考えるのですが、ただ単にお金がないからと言うだけで借りる事を考えるのは禁物です。たとえば、毎月の収入が不足していて不足分を補うために、お金を借りたいという事があります。

 

この場合、お金を借りると毎月の支払いに借りたりたお金の返済を、上乗せしなければなりません。その返済はどうするのか、当然生活費が不足しているので借りたお金を返済するには、新たな借入先を探す事になってしまい、やがては多重債務者となり、あとは債務整理しかないということになってしまいます。

 

そうならないためには、借りたら何とかなるという安易な考えで、お金を借りてはいけません

 

借りたお金は短期返済に努力する

キャッシングの利用法は短期で返済する方法が一番良いのですが、どうしても返済が長期になる場合は、このことが一番重要になります。

 

キャッシングでお金を借りると翌月から返済が始まります。
毎月の返済額は低めに設定されているので、毎月返済は楽に続けられますが、毎月返済だけの支払いは返済期間が長くなり、利息を含めた総返済額が多くなってしまいます。

 

キャッシングの金利は日にち計算なので返済期間を短くすればするほど、利息は少なくなります。無駄な利息を支払わないためにも、無理のない時期を見て一括返済してしまうか、お金に余裕ができた時は、繰り上げ返済をして返済期間を短くすることを考えましょう。

 

無駄なお金は絶対借らない

お金を借りる時、慣れてしまうと「少し多めに借りておこう」というような、安易な気持ちで必要以上のお金を借りてしまう事があります。

 

無駄なお金を借りると、無駄な金利を支払うことにもなるので「無駄なお金は絶対借らない」という意志が重要です。

 

キャッシングを問題なく利用するためにも、最低でもこれだけは守って安心安全のキャッシングを続けましょう。