お金を借りる

クレジットカードでお金を借りる

クレジットカードは買い物や飲食代に利用できるだけでなく、キャッシング枠を設定すればいつでもお金が借りら便利なカードです。

 

ショッピング機能とキャッシング機能

今やクレジットカードの1枚や2枚誰でも持っているというカードで、JCBやVISA、オリコカードといえば解りやすいですね。

 

クレジットカードは買物や食事などに利用できるショッピング機能以外に、キャッシング機能が付いているので、銀行の営業時間が過ぎていても、提携ATMなどからクレジットカードを使って、限度枠の範囲内ならいつでもお金が引き出せます

 

クレジットカードがあれば改めて審査は不要

クレジットカードを申込む時、ショッピング枠とキャッシング枠を別々に審査されます。
ショッピング枠の審査については「割賦販売法」という法律に基づいて審査されます。

 

「割賦販売法」はクレジット取引の健全な発達や、利用者の利益保護を目的とした法律で、クレジット取引をする時の規則が定められています。

 

ショッピング枠は申込書に記入した年収をもとにして、審査で支払可能見込額から利用限度額が決まります。

 

キャッシング枠は貸金業法の対象になるので、消費者金融と同じく貸金業法に基づいた審査を受ける事になります。ただし、キャッシング枠は貸金業法の適用になるので、収入が無ければキャッシン機能は付加されません

 

また、総量規制により融資限度額は年収の3分の1以内と制限されているので、これを越えた限度額にはなりません。

 

クレジットカードにキャッシング機能を付けていれば、クレジットカードが手元にあれば、これらの審査は終っているので、改めて審査を受ける必要はありません。

 

海外で便利なクレジットカードのキャッシング

クレジットカードのキャッシング機能は海外でも提携ATMを利用した、キャッシングが可能です。

 

クレジットカードが1枚持って行けば、現金を持ち歩く必要もありませんし、必要なだけお金を引き出せばよく、お金を引出しても両替手数料は不要で、提携ATMの利用手数料だけで借りられます。

 

一方キャッシングカードは、海外では利用できませんので、海外へよく行くという方は、クレジットカードの方に利便性があります。