お金を借りる

主婦が安心してお金を借りるには

消費者金融は2010年の貸金業法の改正にともなう完全施行で、融資対象者の条件がかなり制限されるようになりました。

 

貸金業法で大きく変わった事

2010年貸金業法の総量規制が施行されるようになりました。
貸金業法の総量規制が新たに施工となり、消費者金融が融資をする時は、年収の3分の1以内と制限されます。

 

ただ、パートやアルバイトをしている兼業主婦は収入があると認められるので、今までと同じく申込が可能ですが、一方、無収入の専業主婦は厳しくなっています

 

消費者金融で専業主婦がキャッシングを始める事も可能ですが、その場合「配偶者貸付制度」を取り入れている消費者金融のみになります。

 

この「配偶者貸付制度」は、条件として、主婦(夫)の個人名で申込みはできない事や、配偶者の同意を得る事が条件になっています。

 

この制度が用意されている消費者金融なら、専業主婦でも融資は受けられますが、審査や調査に時間がかかり、採算がとれない為、ほとんどの業者は中止、もしくは廃止にしています。

 

専業主婦に借付をしている消費者金融もありますが、ほとんどが本人にも収入があることが条件になっていますので、現状は無収入の専業主婦が消費者金融でキャッシングすることは、不可能という状況になっています。

 

銀行カードローンなら借入可能

銀行は銀行法が適用されるので、カードローンに貸金業法の適用はありません。
そのため、銀行カードローンは審査さえ通れば、本人の収入に関係なく融資が受けられます。

 

基本的に銀行カードローンも本人に収入があることが条件ですが、無収入の専業主婦でも配偶者に安定した収入があれば、申込める銀行カードローンがあります。

 

たとえば、みずほ銀行カードローンは限度額30万円まで、イオン銀行カードローンは限度額50万円まで、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は限度額30万円までなら本人に収入がなくても申込ができます。

 

これらの商品は収入証明書類の提出が不要で、本人名義で申込ができ、配偶者の同意も必要ありません。専業主婦の方がキャッシングを始めたい時は、銀行カードローンを申込めば、安心で低金利のキャッシングが始められるので心配ありません。